ルアンパバーン
  World heritage City Luangprabang

ルアンパバーンはランサン王国(1353-1975)の王都で、古くはムアン・スワといい、その後シェントーン と呼ばれるようになった。カーン川とメコン川の合流地点に位置する緑豊かな町ルアンパバーンは、その 美しいラオスらしい町並みと、歴史的、文化的遺跡保護の観点から、1995年、ユネスコによって世界 遺産に指定された。プーシーの丘から町並みが一望でき、ルアンパバン名物でもある夕陽は荘厳だ。
                                     


ルアンパバーン観光スポッ



ワット・シェントーン
      Wat Xieng Thong


この寺院は、1560年にセティラート王によって王家の菩提寺として建立された。 屋根が軒に向かって低く流れるように作られている、典型的なルアンパバーン様式 の建物で、ルアンパバーンで一番荘厳な寺院である。本堂裏側のタイルによって描 かれた「生命の樹」のレリーフは素晴らしく、一見の価値がある。
かつては、王族の神聖な儀式に使用され、シーサワンウォン王の誕生した場所でもあり、また逝去時にしようされた霊柩車が境内に納められている。

 


ワット・マイ・スワナプーマハム
      Wat Mai Suwannaphumaham


1796年に建立された比較的新しい寺院。五層の屋根は標準的なルアンパバン様 式。本道の扉にある釈迦の説話や、ラーマヤーナが描かれた黄金のレリーフが印象的。
この寺院の建立には、70年もの年月を費やしたといわれている。ルアンパバーン国立博物館に隣接した寺院。


 

 



プーシー  Phou Si

ルアンパバーンの中心近くに位置する150m程の小高い丘で、328の階段を上が りきると、頂上には1804年、アヌルット王によって建立されたタートチョムシー と呼ばれる仏塔がある。少し頑張って頂上へ上がれば、ルアンパバーンの街を一望できる。 プーとはラオス語で山のことをさす。

   

朝市

サッカリンロードの裏に立つ朝市では、庶民の生活を垣間見ることができる。
川魚、牛豚鳥、香辛料など、もぐらまで売られている。

ナイトマーケット

鮮やかな色彩と繊細な刺繍製品で知られるモン族のマーケット。銀製品や手作りのアクセサリー、絵画なども売られている。ヴィンテージ物の布で作られたものも多く、見ているだけでも楽しい。


王宮博物館
   Royal Palace Museum


フランス植民地時代の1904年に当時の王シーサワンウォンとその家族の宮殿とし て立てられた。メコン川沿いに位置し、メコンを旅してきた公式客を出迎えるた めの桟橋を備えている。現在は博物館になっており、世界各国からの贈呈品や黄 金仏などが展示されている。

   


パクウー洞窟 Pak Ou Caves

王宮博物館前の桟橋より船で約2時間、メコン川をおよそ35km遡る。メコン川とウー川が合流した地点に現れる洞窟。ここには「タムティン洞窟」と「タムプン洞窟」の2つの洞窟がある。タムティン洞窟には、4,000体といわれる数の仏像が安置されており、長期に渡って神聖な場所として崇められてきた。16世紀にセ タティラート王により発見されたといわれている。現在も尚、人々が仏像を奉納するため、仏像の数は増え続けている。
 


サンハイ村 Ban Xang Hai

ラオス焼酎「ラオラーオ」造りで有名な村。酒造りの様子の見学や出来上がった酒の試飲が出来る。ルアンパバン市内からパクオウ洞窟に行く途中に立ち寄れる。 


   

ート・クアンシー Tat KuangSi

市内より南に29kmに位置する滝。メコン川の支流のひとつで滝壷は深い緑色の 水をたたえている。

   
  Copyright(C)2001 by Lao Tourism department , Ministry of Information,Culture and Tourism
Japan office All Rights Reserved.