VISA・出入国情報

ラオスビザは下記の場合に限り不要です。
2007年1月1日よりラオス入国にビザは不要となり、より身近にラオスを感じることが可能となりました。ただし、免除には下記条件がございます。
お出かけ前に今一度、パスポート及び御旅程をご確認ください。

●免除の条件
◎ 日本国籍(有効な日本のパスポートを所持している方)
◎ 滞在日数が15日以内の場合
ラオス入国時にパスポートの残存有効期間が6ヶ月以上必要です。

尚、ビザ免除にて入国された場合、現地での滞在延長は出来ません。一旦ラオスを出国する必要があります。15日間以上滞在予定の方はアライバルビザ申請をしてください。
15日以上1ヶ月以内の滞在の場合は、大使館にて申請をするか、アライバルビザを取得してください。
料金は30ドル写真1枚(3.5×4.5cm)が必要です。

下記の国境及び空港にてアライバルビザ発給が可能

【空港】
◎ ヴィエンチャン・ワッタイ国際空港
◎ ルアンパバン国際空港
◎ パクセ国際空港

◎ サワンナケート国際空港

【国境】
◎ タイ・ラオス友好の橋(ヴィエンチャン/ノンカイ)
◎ ワンタオ(ラオス) / チョンメック(タイ)
◎ サワナケット(ラオス) / ムクダハーン(タイ)
◎ フェイサイ(ラオス) / チェンコーン(タイ)
◎ ターケーク(ラオス) / ナコンパノム(タイ)
◎ ボーテン(ラオス) / ボハン(中国)
◎ ナムパオ(ラオス) / カオチェオ(ベトナム)
◎ デーンサワン(ラオス) / ラオバオ(ベトナム)

=ご注意ください=
@何の予告も無くアライバルビザの発給が中止になることがございます。

上記11箇所におきまして、アライバルビザの発給が可能となりましたが、何の予告も無く 発給が中止になる事もございます。予めご了承ください。


A下記国籍の方は、アライバルビザの申請はできません。
2009年10月07日付けラオス外務省からの通達によると、一般旅券所持の下記の国籍の方はラオスアライバルビザの申請が出来なくなりました。
(申請の場合はラオス政府又はラオス関係省庁発行の公式書簡の所持が必要となります。)
その為、ビザ若しくは公式書簡を所持していないお客様につきましてはラオス航空は搭乗を拒否する旨の報告も入ってきていますので、ご注意ください。


【国籍】
◎アフガニスタン ◎アルジェリア ◎バングラデシュ ◎ブルンジ ◎カメルーン ◎コンゴ 
◎コートジボワール◎ガーナ ◎ギニア ◎ギニアビサウ ◎ヨルダン ◎レソト ◎リベリア 
◎リビア(リビアアラブ国) ◎モザンビーク ◎ナウル ◎ニジェール ◎ナイジェリア ◎パキスタン
◎セネガル ◎シエラシエラレオネ ◎スリランカ ◎スリナム ◎シリア(シリアアラブ共和国)
◎スワジランド ◎トンガ ◎トルコ ◎ザンビア ◎ジンバブエ


これらの詳細に付きましては予め在日ラオス大使館にお問い合わせください。

●外貨の持ち込み
外貨の持ち込み制限はありません。日本円、タイ通貨のバーツあるいは米ドルはラオスの銀行、ホテルなどでラオス通貨のキープへ両替できます。もっとも実際には市中の商店はバーツ、米ドルが使用できます。出国時持ち出し制限はないものの、ラオス通貨は外国で両替できませんので注意しましょう。


 

 Copyright(C)2001 by Lao Tourism department , Ministry of Information,Culture and Tourism
Japan office All Rights Reserved.