ヴィエンチャン
 Vientiane, the capital of
  Lao People's Democratic Republic

ラオスの首都であるヴィエンチャンは、メコン川沿いに作られたラオス最大の都市で、16世紀の半ばごろにセタティラート王King Setthathirat(1548-1571)により首都に定められた。そして現在も政治、経済の中心地で、空路、陸路での出入国のメインゲートともなっており、他の県とは違う行政特別市となっている。1999年6月からは、日本政府の無償資金協力によってできたワッタイ空港新ターミナルが利用されている。街並みはフランス植民地時代の古い建物と並木道、そして数多くの仏教寺院が混在し、アジアと西欧文化の融合が見られる。17世紀にヴィエンチャンを訪れた東インド会社の商人、Geritt Van Wuysthoffやイタリアの伝道師Leria de Mariniらは当時のヴィエンチャンを東南アジアでもっとも荘厳な町であると評しているが、現在もその面影を見る事が出来る。


ヴィエンチャン特別市 観光スポット


タートルアン That Luang

タートルアン(That Luang)はラオス仏教の最高の寺院で、ラオスの象徴とも言える。伝承では3世紀頃インドからの使いの一行がブッダの胸骨を納めるためにタットルアンを建立したと伝えられるが、定かではない。その後、1566年にセタティラート王(King Setthathirat)により、四方を四つの寺院に囲まれる形で再建されたが、現在は北と南の寺院が残るのみである。北の寺院、ワットタートルアンヌアはラオス仏教界最高位の僧侶の住まいである。1828年にシャムの侵攻により損傷を受けたが、1936年に改修されて現在に至る。

 

 

パトゥーサイ(凱旋門)Patousay


ランサン通りLane Xang Ave.にあるパトゥーサイPatousayはパリの凱旋門を模して作られた。ラオス語でパトゥーとは「扉」「門」の意味、サイとは「勝利」の意味である。下から見上げた天井にはラオスの典型的なモチーフ、神々や3頭の像などのレリーフがある。もともとは戦没者の慰霊碑として1960年から建設が始められ、新空港建設に使用されるはずだったセメントで建てられたものである。朝の8時から夕方5時までの間は上に上ることが出来、ヴィエンチャン市内を一望できる。

 

 


ワット・シーサケット Wat Sisaket

ワットシーサケットは1818年、King Anou Vongによって建立。ヴィエンチャン最古の寺院で、市内で唯一、建立された当時のままの姿を保つ。本堂と回廊の壁を合わせると6,840もの仏像が安置されている。その殆どはが度重なる戦いによって、目に嵌め込んでいた宝石類や頭部の金細工等が取り去られているが、一部残っているのもある。

   


ホーパケオ Ho Pha Kaew

1565年にセタティラート王の命により、建立された。王の父、ランサン王国のボティサラート王の死により、セタティラートが王位を継承後、王国の首都をルアンパバンからヴィエンチャンへと遷都した。その折、エメラルド仏(パーケオ)を旧王都から移し安置したのがこの寺院である。当初は王の祈りの場所として建立された寺院であったが、1779年、シャム王国との戦争によりた建物は焼失し、エメラルド仏は持ち去られた。1936年に現在の建物がフランスによって再建された。現在は博物館として使用され、国内各地から集められた仏像などが並べられている。中庭にはジャール平原から運ばれた石の壷もある。


   
 


ワット・シェンクアン(ブッダパーク)
       Wat Xieng Khouane


ヴィエンチャン市街からメコン川に沿って下流方向へ約24キロ、友好橋の近くにある。ワット(寺院)という名前がついているが、実際にはコンクリート製の様々な仏像等がある。その他にも天上界、地上、地獄を表現した3層の建物があり、屋上からブッダパーク全体を見渡せる。

 


   


市場(タラート) Thalat

タラートサーオは市内最大のショッピングセンター。タラートとは市場、サーオとは朝の意味だが、朝8時頃から夕方4時頃まで開いている。日常雑貨から宝石、電気製品、ラオス特産の絹、木綿手工芸も多数揃う。タラートトンカンカムはヴィエンチャンの北に位置する最大の生鮮食品市場。肉や野菜やメコン川から水揚げされたばかりの魚も並ぶ。タラートクアディンはタラートサーオの隣りにあり、庶民的な食品の青空市場。

   

ナムグム・ダム Nam Ngum Dam

ヴィエンチャンの北90km。水力発電所の一部として巨大な人口湖になっている。湖にはいくつも島が点在しボートで観光することもできる。


   


ワンヴィエン Van Vieng

ヴィエンチャンの北160kmにあるワンヴィエンにはソン川に沿って石灰岩の岩峰があり、一見の価値がある。岩層は無数の洞窟で蜂の巣のようになっており、中でもタムジャンという洞窟が有名。
  Copyright(C)2001 by Lao Tourism department , Ministry of Information,Culture and Tourism
Japan office All Rights Reserved.